So-net無料ブログ作成
ヘッダーコルク.JPG
▲Life[デキゴト日記&猫] ブログトップ
前の10件 | -

てーきびん 2015/01/03 [▲Life[デキゴト日記&猫]]


タグ: バイク

てーきびん 2015/01/02 [▲Life[デキゴト日記&猫]]


タグ:

てーきびん 2015/01/01 [▲Life[デキゴト日記&猫]]


やりたいこと、やるべきこと [▲Life[デキゴト日記&猫]]

どもども、方向性の見つかってもなかなか進捗状況の良くないかずでぃんです

やりたいことが見え出し時間の無い日常を改善すべく、ある計画を進めていますがなかなかトントン拍子とはいかない、やるべきことを済ませて生活を改善すればやりたいことに費やす時間も自由も増えると判っていて、上手くサイクルを作れていないのが現状です。
メリハリというよりやるべきことへ一度集中すべきですね、
やりたいことにできれば早くとは思いますが、期限はありませんし。

One Man Kingdom
人であるが故 王であり領土を持つ 民もまた己なり 王よ民の声は聞こえるか?

百瀬式type0story第二章 [▲Life[デキゴト日記&猫]]

3373du00S.JPGほんじゃみ、
今回も桃音モモの兄であり百瀬ロボット研究所の試作号機のストーリーを考えたので書き出してみた。

前回http://sazanami-kazudelin.blog.so-net.ne.jp/2010-06-19

時間は十数年をこえ現在、事の発端は喫茶Avenirに遊びにきてウイスキーで酔っている百瀬博士にウエイトレスで困っていることを相談したことっだった、
「どこかに気立てのよくて愛嬌のあるモモさんみたいなウエイトレスはいないでしょうか?」

と聞くと、
「え?気立てのいい愛居のあるモモの・・・ムニャムニャ、ん・・・うちにいいのがいるよ~」百瀬博士が少し眠そうに返事をした、

それから数日後突如として百瀬ロボット研究所に呼び出された、
「この前のことだけどね~、タゴサクに相談したら『思い出の品と言うより思い出の姿ですが、人の役に立つのならそのほうが望ましいダス』って、ね!」百瀬博士が傍らにいるタゴサク(百瀬式type0-M2)に話しを振った、
「そうダス、せっかく在る物を有効活等しないのはおしいダス、それに今になって昔の自分の動く姿にも興味があるダス!」タゴサクが楽しそうに答えた。
「え!?すみませんどうゆう事でしょう?」何が何だか判らなかった。
「ん、この前のウエイトレスの話だよ」へーぜんと百瀬博士が答えた、
「さ!話しててもしょうがない、修復作業を始めようか!」と百瀬博士に半ば強制的に一台のロボットの入ったケースの前へ連れて行かれた、
ケースの中には今は名も無き百瀬式type0story-M1がいた、
それから数時間百瀬ロボット研究所の作業場にこもりっきりでボロボロのM1を修復していた・・・、

「名前どうしようか?」百瀬博士が私に尋ねた
「んん・・・そうだ百瀬式type0-Model1Repairですから、タイプのT(ティー)ゼロをO(オー)モデルのM(エム)イチをI(アイ)リペアのR(アール)にO(オー)とU(ユー)を足したのでTOMIROU(とみろう)!」ふとした思い付きを言ってみた、
「いいねTOMIROUなんだかテゥモローみたいで、今日から君がこの子の持ち主だ、それでいいんじゃない」百瀬博士は気に入っているようだ、
こうして喫茶AvenirにTOMIROUが従業員としてやってくることになったのであった。
まだ語られぬ十数年はまたの機会に。
じゃほんじゃも。

百瀬式type0story [▲Life[デキゴト日記&猫]]

3373du00S.JPGほんじゃみ、
今回は桃音モモの兄であり百瀬ロボット研究所の試作号機のストーリーを考えたので書き出してみた。

この子の名前は・・・
「百瀬式type0タゴサク」
その瞬間、研究生たちは「え!」という声と笑がこみ上げた、
ここは竹馬大学ロボット研究室、このロボットに命名したのは百瀬鴈之介、この研究室の室長でロボット工学科の教授である。

この物語は百瀬ロボット研究所の設立と百瀬式type0の物語である

鴈之介は百瀬工作機械という産業ロボットメーカーの御曹司で親父の影響や血筋であろうロボットの研究に没頭し若くしてロボット工学学科の教授となった。
しかし鴈之介の専門分野は人工知能のあるコミュニケーションロボットであった、父親の修三郎はロボットは日本の産業の低下しつつある労働力を支える新たな労働力として考えていたため、あまり「ロボットのコミュニケーション」について理解を示さなかった。

タゴサクには百瀬博士もとい百瀬教授の数年を費やした研究の成果が実装された渾身の一機である、数年前から百瀬教授はロボット知能工学の風雲児と呼ばれていた、それは百瀬教授の発表した「Λ(ラムダ)システム」が発端であった、Λシステムを簡単にせつめいすると「意識と人格と記憶のあるロボット」である記録(メモリー)と周囲の人間の行動から基礎となる意識を作り感情を持ち、感情の影響する(感情のこもった)記憶をつくる、記憶より自己の人格・意識を形成する、そこから 周りから受ける情報を記録しながら意識・感情の影響する記憶を形成し人格の成長を繰り返す、という次世代型学習機能ともいえる構想であった。

百瀬式type0という名前にも意味があった、このとき百瀬教授は教授の仕事を辞職し自らの研究所を設立しようと考えていた、問題は設立資金であった、
百瀬教授はΛシステムの研究成果で資金協力者を募れないかと考えていた、つまり研究所設立の意気込みを込めた「百瀬式type0」という名前なのである。

実はこのときの百瀬式type0タゴサクは皆に知られている姿とは違う、type0-M1つまりモデルワンでよく知られている通称モモ兄はtype0-M2 モデルツーである、外見も多少違い男性型外殻に入る機能は無く、走ることができないためローラースケートを履いていて、センサーなどが違うため顔立ちも違う、さらに遊び半分で大同じ学のバイオ工学の教授から貰った人工胃袋を搭載している。

百瀬式type0タゴサクが完成してからの1年は研究所の設立準備・タゴサクの教育と成長した人格や記録と記憶の分析・研究発表と仕事は目白押しであった、そしてタゴサクに転機が訪れるタゴサクの成長と研究成果が認められついに資金協力者が現れたのだ、そして要請していた学校での実地教育が認可された認可されたのは中学校での3年間である。

資金協力者の正体と研究所の完成、タゴサクの成長はまたの機会で。
じゃ、ほんじゃも。

最近のボスの傾向と考案二課の決議 [▲Life[デキゴト日記&猫]]

行之雲s.JPGうっす!
最近のボスの報告書の非提出について考案二課で会議があったっす!
議決案を発表するっす!
「ニコニコ生放送・喫茶Avenirに入り浸りでGRANDTETRAへの報告書の作成・提出が疎かになっているため、
GRANDTETRAニコニコ支部を作成・そこでボスには生放送をする権限と共に報告書の作成を要求する」
ということで、ニココミュ立ち上げました!
どうぞお見知りおきを、それでは


タグ:行之雲

本部監査【ゴールデンウィーク本部一時帰還】 [▲Life[デキゴト日記&猫]]

3373du00S.JPGほんじゃみ!
今回のBGM


ゴールデンウィークはワテのいない状態の本部を監査に帰還!
ま、目的は別にあるんだけどね
DSCF0581[1].JPG

続き


広島上陸作戦☆  【閉ざされた18日間】 [▲Life[デキゴト日記&猫]]

3373du00S.JPGほんじゃみ!
は~やっぱインターネットがあると気持開放的だね(笑)
閉ざされた18日間はつらかたった[たらーっ(汗)]
じゃ後任せた
行之雲s紅葉.JPG
「こんちは安之雲 紅葉バージョンっす、ボスもあばうとなんすよ広島だからもみじだなんて、 まず広島行きの様子からです」

続き


新春だね~ [▲Life[デキゴト日記&猫]]


行之雲sカステラ.JPGおっす!行之雲長崎バージョンっす、
今回はボスの撮ってきたランタンフェスティバルの写真をチョッコット紹介するッス!
3536409
長崎駅からの黄昏時の稲狭山

続き


前の10件 | - ▲Life[デキゴト日記&猫] ブログトップ
メッセージを送る
フッターコルク.JPG